ランニングに最適なイヤホンはコレだ!jay birdのBLUEBUDS Xが素晴らしかった件

どうも!ケンタロ(@ctr_pc)です。

ランニングの時って音楽聴きながら走りますか?僕は音楽を聞きながらじゃないと、走る辛さに心折れてしまいます…最初はiPhone付属の純正イヤホンを使っていたんですが、走ると服と擦れてガサガサガサガサ音が気になるんですよね。

そこで、Bluetoothで接続できる無線のイヤホンを探していたのですが、評価も高く、見た目もカッコ良いイヤホンを見つけたので今回はコレをご紹介します!

もうすでに10日間くらい使ってます;めちゃくちゃ良いんですよ、コレ!今回買ったイヤホンはjay birdのBLUEBUDS Xです。

開封してみる

Jaybird 箱

比較的大きめの箱に入っています。コレをパカっと開くと…

Jaybird 箱開いたところ

こんな感じになります。すでに使い始めてるので、中身はありませんが、ここに本体やイヤーピース、専用のケースが入っています。

本体はこんな感じ

Jaybird 本体

シンプルにメーカーのロゴが入っています。イヤホンのケーブルは平べったい「きしめん型」になっています。結構作りがしっかりしているので、通常の使用状態では純正イヤホンのようにちぎれる心配は無いと思います。

Jaybird 充電

ロゴの入った部分はフタとなっていて、ココがパカっと開くことでUSBにより充電できるようになります。

各ボタンの動作

Jaybir ボタン

センターのボタンを4秒間押すとペアリングされます。この状態での各ボタンは以下の通りの働きをします。

ボタン 押す 1秒押す 4秒押す
ボリューム(+) 音量+ 曲送り
センターボタン 再生/受話 電源オン/終話 電源オフ
ボリューム(-) 音量ダウン 曲戻し

僕はiPhoneと接続して使っているのですが、センターボタンを2秒間押しているとsiriが起動しました。

特徴はイヤークッション

Jaybird イヤークッション

変わった形のコイツは、耳に引っ掛けることができるイヤークッションです。僕はiPhone付属のイヤホンだと何も運動してなくても右耳のイヤホンだけポロリと落ちてしまうのですが、このお陰で走っていてもずれ落ちることがありません。

Jaybird 裏箱

箱の裏面に装着の仕方がイラストで書かれています。

装着の方法は2種類

Jaybird 裏面2

この図が表すように耳の下からイヤホンを着ける方法と、耳の上から装着するオーバーイヤースタイルで使うことができます。オーバーイヤースタイルの場合はイヤークッションを逆に取り付ける必要があります。

音質について

Bluetoothで接続する無線タイプのイヤホンやヘッドホンは音質がすごく悪いイメージがありました。ですが、実際に装着して聞いてみると若干低音が強く出ている感じはするものの音像も比較的ハッキリとしていて、気持ち良く音楽が聞けると思います。僕はランニングの時だけしか使いませんので、それほど音質は追求していませんが、普段使いでもアリだと思います!

まとめ

装着感がめちゃくちゃ良い!!!今までランニングの時にイヤホンの擦れる音で不快な思いをしていましたが、コレを使い始めてから一切それがなくなりました。イヤークッションのお陰でズレたり、落ちたりする心配もないので走ることに集中できますしね:)

ランニング時に音楽を聞く方で、良いイヤホンがないかお悩みの場合はコレを全力でオススメします!

使用時の動画を見れます。※英語です。